MENU

Blog Category

メンバー募集
メンバー募集
お金
お金
シャトル
グッズ
グッズ
管理
管理
練習方法
練習方法
アプリケーション
アプリケーション
体育館・施設
体育館
イベント
イベント
アンケート
アンケート
新型コロナ対策
コロナ対策
その他
その他

バドミントンサークルを作るなら登録しておきたいメンバー募集サイト【登録は2つだけでいい】

メンバー募集サイト

このページは『バドミントンサークル』を作ってメンバー募集を行いたいときに、登録しておきたいメンバー募集サイトと、その運用の仕方を紹介します。

一般的な『社会人サークル』には当てはまらない話もありますのでご注意ください。

触れる目次

バドミントンサークルを作るなら登録しておきたいメンバー募集サイト

サークルのメンバー募集サイトは、もう無数にあります。

どのサイトに登録するべきでしょうか?

以下の2つをおススメします。

  • スポーツやろうよ!
  • minton
他のメンバー募集サイトにも登録するべきでしょうか?

いいえ。多くても2つだけにしておくのをおススメします。

ぺつこ

意外な答えやった。たくさん登録した方が良いと思っとったのに。

募集サイトを厳選する理由

募集サイトを厳選する理由

サイトを厳選する理由①|情報の鮮度の管理ができなくなる。

ホームページを運営していると、どのページがよく閲覧されているかを把握することができます。

さて、どのページがたくさん閲覧されているのでしょうか?

答えは活動スケジュールです。

このチームは今、活動しているのか?次に参加できるのはいつなのか?

チームを探している人には、この情報が最も求められています。

としかず

見ている人のことを考えて、次回の活動日を記載しているチームは多いですよね!

スケジュール以外でも『今、活動しているかどうかが分かる』という情報の鮮度はとても重要です。

たくさんのメンバー募集サイトに登録していると、それだけメンテナンスを行わなければなりません。

異なる情報が各サイトに掲載されてしまっていては、むしろ信頼性が落ちてしまいます。

このことが、募集サイトを厳選するべき理由の1つです。

メンテナンスが問題なくできれば、沢山のサイトに登録してもOKでしょう。

サイトを厳選する理由②|スポーツやろうよ!のサイトの特性

簡単に言うと、

スポーツやろうよ!の中で上位に表示されるためです。

詳細は後ほど記載します。

スポーツやろうよ!

スポーツやろうよ
スポーツメンバー募集サイト|スポーツやろうよ! (net-menber.com)

スポーツやろうよ!は、

『Google』や『Yahoo!』などの検索サービスで、

『地域名+バドミントン+サークル』

というワードで検索すると

ほとんど上位表示がされる大型のサークルメンバー募集サイトです。

1位表示がされる地域が多いのではないでしょうか。

しかし、なぜそんなに上位に表示されるのでしょう?

スポーツに特化している募集サイト

『ジモティー』『つなげーと』など、サークルのメンバー募集サイトは多くあり、サイト規模も大きいです。

これらのサイトと、スポーツやろうよ!との違いは、

『スポーツに特化しているか、そうでないか』です。

検索者の求めているものに近いほど、検索結果は上位になる傾向があります。

上位に表示されることがそんなに大切なのでしょうか?

はい。かなり大切です。

1位は28.5%の確率でクリックされるのですが、2位になると半減。4位以下は10%を割り、2ページ目はもうほとんど閲覧されません。

スポーツサークル・クラブのホームページは作った方がいい?作成目的をしっかりと持とう。 – バドつく (xn--y8jyb6s1a.com)

詳細は、こちらのページに記載しましたので、宜しければ確認してください。

従って、もしもお住まいの地域で『スポーツやろうよ!』ではないバドミントンクラブの募集サイトが上位に表示されるのであれば、そのサイトを優先してください。

スポーツやろうよ!の中でも上位表示が有利です。

登録数がとても多く、古参のバドミントンチームも含まれる中、そこで自分のチームのページを見てもらえない限りは、応募に結び付きません。できれば1ページ目への表示を目指したいところです。

しかし、ここで残念なお知らせがあります。

登録したばかりのチームは3ページ目以降に表示されることがほとんどです。

ぺつこ

えー!どうすれば良いん!?

としかず

登録されてからは『関連度』が高いチームが表示されるようになるので、関連度を高くしていくことが必要です。

スポーツやろうよ!のデフォルトの設定は、関連度順にチームが表示されるようになっています。

関連度とは、なんでしょう??

『関連度』『表示回数』『新着』で並び順が設定できる。

スポーツやろうよ!の表示を並び替えようとすると、

  1. 関連度
  2. 表示回数
  3. 新着

この3つで並び替えをすることができます。

それぞれのカテゴリーで上位を狙いましょう。


『表示回数』

表示回数は文字通り、どれだけそのページが閲覧されたかになります。

表示回数を上げるためには、

自分で見ればいいです。笑

としかず

異常な多さを見ると、やってるなー。。。って正直、気づいちゃいます。ほどほどにしましょう。


『新着』

新着は、どれだけ最近に更新がされたかになります。

新着での順位を上げるためには、

定期的な更新を心がけましょう。


『関連度』

関連度のアルゴリズムは、残念ながら公にされていません。

しかし、筆者のチームが掲載順位が『上がったとき、下がったとき』の傾向から分析をした結果、以下のように推測されます。

どれだけ問い合わせを受け、しっかりと回答したか。

推測の域はでませんが、

①問い合わせをするというユーザーの行為。

②レスポンスの良い、しっかりとした回答というチームの反応。

このことから、関連度が高いと表現されている考えられます。

『求められていて、誠実なチームが上位に表示される』と思ってよいでしょう。

デフォルトの『関連度』の設定は変えにくい。

さてこの並び替えは、あまり簡単に変えられるようにはなっておらず、

『検索条件を変更する』というタブの一番下に表示されています。

従って『関連度』で上位を狙うことを優先する必要があります。

チャンスを活かそう!!

スポーツやろうよ!では、

7日~20日程度の大きな周期で、新しく登録されたチームが上位に表示されるタイミングがあります。

そこで問い合わせが来たときに、

レスポンス良くしっかりと回答して、上位進出のチャンスをしっかりと掴み取りましょう。

詳細なアルゴリズムはわかりませんが、

登録歴が短いチームの方が、関連度が敏感に変化する傾向もあります。

最初のがんばり次第では1位表示も夢ではありません。

ちょっと悲しい話

スポーツやろうよ!で多少なりとも上位進出ができたチームは、継続して活動ができている場合が多いです。

一方で、上位進出に失敗してしまい、一度も日の目を見ずに消滅してしまうチームも多数あります。。。

多くのチームの第一関門になっていて、すべてのチームが成功するわけではないという現実は、ぜひ心にとめておいてください。

有料で上位進出できます。

1日1000円で、最上位に表示される権利を購入することができるようになりました。

ぺつこ

でも一日だけやろ?

としかず

そうだけど、そこで問い合わせが来て、きちんと対応することで、関連度が上がる可能性があるよね!

ぺつこ

なるほど!

有料ではありますが、立上げ当初の集客力の弱いチームの手堅い集客手段となります。

もともと運の要素もあった、スポーツやろうよ!の運用に、確実性を加えることができる、良い仕組みだなと思います。

他の募集サイトに登録しない理由

関連度がどういうものか理解できると、冒頭で他の募集サイトに登録しない方が良いとお伝えした理由が分かると思います。

関連度を上げるためには、ある程度、問い合わせを受ける必要があります。

しかし、貴重な問い合わせが、スポーツやろうよ!以外の募集サイトを登録し、分散してしまうことで、

スポーツやろうよ!内の順位が上がらないということが考えられるのです。

特に初期は、最強の募集サイトであるスポーツやろうよ!に集中した方が良いです。

登録時の注意点

登録時の注意点

スポーツやろうよ!はとても多くの人が集まるため、

勧誘やセールスが目的の登録が多いという報告が上がっています。

自分のチームは関係ないと思わない方が良いでしょう。

なぜならば、チームを探している人はかなり警戒しているからです。

ぺつこ

活動の写真を載せたらどうやろ?

としかず

たしかに目を引きやすくなるんだけど、心配している人にとって、それが効果的じゃない場合もあるんだ。

『メンバーが映っている写真が掲載されていると人が集まる』ということは、そのような目的の業者もよく知っていて、同じように写真を掲載しています。

『楽しそうな写真が掲載されているところほど怪しい』と言われるほど。

特に一度、痛い目を見ている人の心配は、それでは薄れないでしょう。

ぺつこ

じゃあどうすればいいん?

対応策:無関係であることを明確に書く

対応策としては、『勧誘・セールスは一切行っていない』『勧誘・セールスが目的の人はお断り』と記載することです。

これで、チームを探している人の多くの心配は取り除けます。

これ以上に信頼性を上げるためには、別途ホームページを作るなどの対応が必要になります。

minton

minton
minton – バドミントンの大会・イベント情報が集まるポータルサイト

mintonはバドミントンの大会のインフラ整備や、オンラインでのガットの張替えなど、ICTでバドミントン界を変えようとしている企業です。

ぺつこ

あ!minton!
好きなブランドやで。

筆者は、バドミントンサークルを立ち上げたときに、もう一つ登録するサイトを選ぶのであれば、mintonをおススメします。

バドミントン専門のメンバー募集サイトであることの強み

mintonはまだ歴史が浅いために、募集サイト自体が上位に表示されるわけではありません。

それにもかかわらず、

筆者のチームのサイトは、mintonからのアクセスを多く受けます。

そのアクセス数は、稀にスポーツやろうよ!を上回ることもあります。

それだけの人が、mintonに掲載されている筆者のチームのページを閲覧しているということです。

その理由の1つに、『バドミントン専門のメンバー募集サイトであること』が挙げられるでしょう。

情報の信頼性が高い

バドミントンに特化していることで、スポーツやろうよ!で見かけるような、異なる目的の掲載はし難くなっています。また、『ビジターの有無』『開催曜日』『競技レベル』なども明確に記載されています。

バドミントンの経験の浅いライト層は、なかなか閲覧することは無いのでしょうが、数年経験している筆者がチームを探す場合はこう思います。

スポーツやろうよ!やその他のサークル募集サイトだと、どんなチームなのか不安だから、バドミントンチーム専用のmintonで探そうかな?

『チーム名』で検索すると順位が高い

検索は必ずしも、

『地域名+バドミントン+サークル』

で検索されるわけではなく、どこかでチームの噂・口コミを耳にしたりして、チーム名で検索をすることもあるでしょう。

その時のページの表示順位は、

なんとmintonのチームページが1位になります※専用のホームページを運営していれば、その下です。

登録してから日が浅いなどで、必ず1位というわけではないものの、上位に来る傾向があります。

募集サイト自体はあまり上位表示されないものの、チームページ単独では検索に強い傾向があります。

スポーツやろうよ!の単独ページは、結構下に。。。(´;ω;`)

スポーツやろうよ!との棲み分け

チーム運営者目線では、『minton』と『スポーツやろうよ!』では以下のように、ターゲットのユーザーが異なります。

スポーツやろうよ!|利用ユーザー

  1. 地域でチームを探している
  2. 活動しているチームの情報を持っていない
  3. とりあえずGoogleで検索をしている

minton|利用ユーザー

  • チーム名が分かっている
  • 信頼性のあるバドミントンチームを選びたい
  • バドミントン経験があり、mintonを知っている

スポーツやろうよ!の方が人数自体は圧倒的に多いものの、minton経由で応募される方はバドミントン理解者が多く、チームにとって有難いメンバーでもあります。

特性の違うスポーツやろうよ!を敢えて選んで来なかったメンバーでもあり、2021年現在では、スポーツやろうよ!との競合も避けられていると思います。

このことから

スポーツやろうよ!の他に、もう1つ募集サイトを登録するのであれば、

mintonがおススメです。

まとめ

〇バドミントンサークルを作ったときに登録をおススメするメンバー募集サイトはスポーツやろうよ!です。

〇もしお住まいの地域でスポーツやろうよ!よりも検索結果が上位になる募集サイトがあれば、そちらを優先しましょう。

〇スポーツやろうよ!の中でも上位表示を狙うため、また情報の鮮度維持のため、最初は他のサイトの登録をあまりおススメしません。

〇2021年現在、mintonは、スポーツやろうよ!とターゲット層が異なり、検索ワード次第では、スポーツやろうよ!よりも上位に表示されるため、登録しておいて損はありません。

ある程度の人数が集まれば、メンバー募集サイトに頼らずともメンバーを集めることも出来るようになるでしょう。是非、良い仲間を集めてください。

メンバー募集サイト

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

触れる目次
閉じる