MENU

Blog Category

メンバー募集
メンバー募集
お金
お金
シャトル
グッズ
グッズ
管理
管理
練習方法
練習方法
アプリケーション
アプリケーション
体育館・施設
体育館
イベント
イベント
アンケート
アンケート
新型コロナ対策
コロナ対策
その他
その他

Twitterアンケート|どの銘柄(ブランド)のシャトルを使っていますか??

どのシャトルを使って活動してますか?
触れる目次

どの銘柄のシャトルを使っていますか??

Twitterで以下のようなアンケートをご協力いただきました。

皆さんの所属するバドミントンチームで使用している

シャトル(羽根)のブランドを教えてください。

選択肢

  • YONEX
  • GOSEN
  • 上記以外
  • 分からない

対象

Twitter上のバドミントンプレーヤーの皆様

年齢・地域・競技歴などは様々です。

期間

2021年4月3日から2021年4月10日まで

結果

使用シャトルのアンケート結果
  • YONEX:64.3%
  • GOSEN:3.6%
  • 上記以外:28.6%
  • 分からない:3.6%

簡単な分析|結果から言えること

YONEXのシェアの高さを改めて認識

YONEXのシャトル使用割合が64.3%という数字は、ほぼ独占市場とも言えるのではないでしょうか。

YONEXのシャトルはその他のブランドと比較して高価な傾向があります。

それでも利用されている割合が高いのは、以下の要因が考えられます。

ブランド力

YONEXは2021年現在、

バドミントンメーカーと言えば、真っ先に名前が上がるほどの地位を確立しています。

そのため、YONEXのシャトルを使用しているだけで、安心感が生まれていると思われます。

品質・コストにおけるラインナップの豊富さ

YONEXのシャトルは

一番高価なトーナメント (1ダース)¥5,885(税込)から

一番安価なエアロセンサ200 (1ダース)¥2,310(税込)まで

合計8種類のラインナップを備えています。

高価なシャトルの方が、品質が良くなっていますが、

品質をどの程度求めるかは、バドミントンチーム次第。

選択肢が多いことは、それだけチームにフィットしたシャトルを選択できるということなので、

選ばれる理由になります。

大会での利用率の高さ

オリンピックをはじめとする国際大会から、小規模の大会まで

YONEXのシャトルが大会で使用されている割合は非常に高いです。

バドミントンは、ラケット・シャトル共に非常に軽く、絶妙な感覚でショットを打ち分けています。

練習の時から、大会と同じシャトルを利用できれば、感覚が狂わないというのは

YONEXのシャトルを利用する理由として良く聞く話です。

ほとんどの人が使用シャトルを把握している

分からないを選択した人が3.6%、

その他の96.4%の人が使用シャトルを把握している

ということが分かりました。

ぺつこ

もっともっと低いと思っとった。

としかず

きちんと把握して競技をしているのは、素晴らしいですね!

3割弱はコスパ重視

その他のシャトルの銘柄を使っている方は、28.6%でした。

シャトルの銘柄は、無数にあります。

そのほとんどが、YONEX品と比較して

  • 価格が据え置きだけど、高耐久で検定球並みの性能
  • 同等の性能だけど、価格が安い

などコスパの良さを宣伝文句にしています。

また大会とは無関係なバドミントンサークルや、

シャトルの破損が多い初心者・スイートスポットを外して強打しがちな方が多いチームは、

こういったシャトルを使用している場合も多いと思います。

大会直前にYONEXに切り替えて、感覚を整えるという方法もあります。

あれ?GOSEN?

バドミントン界で、日本メーカーとしてYONEXと双璧をなす印象のGOSEN。

しかし、シャトルのシェアはあまり高くないようです。

ショップでも見かけるので、この結果は少々意外でした。

近年GOSENのシャトルはパッケージやラインナップを刷新し、

下のようにカッコよくなりました。

シャトルコック | シャトルコック | バドミントン| 株式会社ゴーセン ラケットスポーツサイト(GOSEN) (gosen-sp.jp)

ウエアなどからもセンス良さを感じさせるゴーセン。

シャトルも頑張ってほしいですね!

どのシャトルを使って活動してますか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

触れる目次
閉じる