MENU

Blog Category

メンバー募集
メンバー募集
お金
お金
シャトル
グッズ
グッズ
管理
管理
練習方法
練習方法
アプリケーション
アプリケーション
体育館・施設
体育館
イベント
イベント
アンケート
アンケート
新型コロナ対策
コロナ対策
その他
その他

Glimmer|グリマーの00300-ACTはチームウェアの生地にできる!?メンバーの評判も掲載。

Glimmerのサムネイル
ぺつこ

グリマーって、めちゃめちゃ安いやん。
ウエアに使って大丈夫なん?

としかず

ほんと、そう思うよね。
結論から言うと。

全く問題なし!超ハイコストパフォーマンス!です。

この記事では、チームウエア・ユニフォームを作ろうとすると、度々カタログに載っている『不安になるくらい安い』グリマーというシャツがどんなものかを紹介します。

触れる目次

Glimmer 00300-ACT

Glimmer(グリマー)はTOMS株式会社から発売されているドライウェアのブランド名称です。

※ドライウェアは、速乾性があり汗をかいてもベタベタしないスポーツ向きのウェアです。

汗をかくことが、もっと面白くなる。
glimmer『グリマー』は、アクティブシーンに
ぴったりの機能性と着心地で、
あなたの想いをサポートします。

glimmer|トムス株式会社 (tomsj.com)

カラバリは、色鉛筆より多い。

2021年9月現在、なんと50種類のカラーバリエーションとなっています。

画像引用|00300-ACT.pdf (prod-toms-web.s3.amazonaws.com)
ぺつこ

これ見てるだけでワクワクする。

価格がユニクロの靴下並み。

2021年9月現在の楽天市場での最安価格はなんと

¥352(1着あたり)

安い印象のあるユニクロのドライTシャツでさえ、1,000円を超えます。

3足セットで990円になる靴下の価格帯です。

ぺつこ

。。。

としかず

ぺつこどうしたの?

ぺつこ

逆に怪しい。。。
安すぎるやん。

安すぎて、最初は信用できなかった。

バドミントンで使うチームウエアを作ろうとして、生地を選んでいた筆者は、『Glimmer』の価格を見たときにこう思いました。

筆者が持った疑い
  • 生地がすごい薄くて透けるのでは?
  • 色にムラがあるのでは?
  • 洗濯したら生地がすぐに傷むのでは?
  • 着心地が悪いのでは?
  • 形が良くないのでは?

というわけで、最初にチームウエアを作ったとき、筆者は結局

グリマーを選びませんでした。

初めてのウエアの生地に選んだのはYONEX

バドミントンの安心安全ブランドのYONEXの無地シャツ(16500)を選びました。※ポロシャツも別途作成

Tシャツカラーは王道の白黒に、ピンクの計4色しかなく、YONEXの中ではかなり割安ですが、2,000円はします。

版代や印刷代を加味すると、チームウエアの料金は1着当たり

Glimmer:¥2,000 ~¥3,000

YONEX:¥4,000 ~¥5,000

結構、大きな差になってしまいました。

サークル内でグリマーのモニターをお願いしてみました。

価格や、カラバリの魅力があり、もしかしたら次回の作成のときに使えるかも?と思い、Glimmerの生地で『4着だけ』チームウエアを制作してみることにしました。

そしてメンバーにモニターをお願いしました。

としかず

このウエアあげるから、2ヵ月間くらい毎回練習で着てきて!

としかず

着てたり、洗濯したりして気が付いたことがあったら、教えてね!

メンバー

タダで貰って良いんですか?!

としかず

いいよ!その代わり、ボロボロになっても文句言わないでね。

そのときの写真がこちら

Glimmerが4着混合されています。

写真からGlimmerとYONEXの違いは分かりますでしょうか?

購入したのはこの4色です。

  • ミントブルー
  • ブライトグリーン
  • ライトパープル
  • オレンジ

Glimmerはものすごいコストパフォーマンスの良さだった。

2か月後。。。

とても良いものでした。
バドをしていても、洗濯しても問題ありません。

Glimmer 00300-ACT はこんな商品!

  • 生地は予想よりもしっかりとしています。YONEX製よりも、僅かに薄いですが、その分軽く、肩回りの動かしやすいです。
  • 購入した4色は透けることはありませんでした。
  • 色ムラはありません。
  • あまりにも頑丈でびっくりしています。襟も丈もヨレにくい。熱にも強い。シワにもなりにくい。(ドラム式の洗濯機で何度も洗濯乾燥しています。)
  • 通気性よし!速乾性あり!快適にスポーツができます。
  • 細部を見ると多少の安っぽさは感じます。

YONEX製と同じような感覚で着用することができます。

印刷はシルク印刷を行いました。

もしかすると、シャツの表面状態が悪く、印刷部分が剥がれたりするかもしれない。

とも心配していましたが、3年以上経った今でも、まったく問題が起きていません。

シルク印刷との相性も問題ない。

心配は杞憂だった。

安心して、チームウエアにすることができると思います。

問題点をあえて言うのではあれば、

としかず

おススメのカラーはミントブルーです。
写真の最前面のシャツの色です。

筆者は現物を見ているので、自分の気に入った色をお伝えすることができますが、

ラインナップに、似たような色が多く、

『あ、もう少し濃い方が良かったかな?』などと思う場合があります。

もし予算があるようであれば、みんなのチームウエアを作る前に、生地を数点購入してみても良いでしょう。

安さ故、そんなことができてしまうのもGlimmerの魅力の1つです。

Glimmerのサムネイル

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

触れる目次
閉じる