MENU

Blog Category

メンバー募集
メンバー募集
お金
お金
シャトル
グッズ
グッズ
管理
管理
練習方法
練習方法
アプリケーション
アプリケーション
体育館・施設
体育館
イベント
イベント
アンケート
アンケート
新型コロナ対策
コロナ対策
その他
その他

スポーツサークル・クラブのホームページは作った方がいい?作成目的をしっかりと持とう。

ホームページは必要か??
この記事について

このページは、スポーツサークル・クラブのホームページを作るか悩んでいる方に読んで欲しい記事です。

触れる目次

結論から申し上げますと、必須ではありません。

筆者はバドミントンサークルの運営では、活動の初期からホームページを作成してきました。

そのうえで必須ではないと考えます。

必須でない理由

スポーツ系サークルのホームページを作る一般的な目的

メンバーの募集

ほとんどの方が、ホームページを作成する目的の1番に『メンバーの募集』を挙げると思います。

たくさんの人を集めたいからホームページを作る。

これは正解でもあり、不正解でもあります。

ホームページは見られて初めて意味がある。

ホームページはそのサークルの看板なのですが大勢に見られる場所に置けるとは限りません

サークルのホームページへの訪問ルート

サークルのホームページに関しては、そのほとんどが『Google』『Yahoo!』『bing』などの検索サービスの検索結果に反映されて、訪問(アクセス)されます。

その検索ワードは

『地名』+『バドミントン』+『サークル』

などが一般的かと思います。

どのくらいの人が見てくれるか。

Googleなどの検索の結果、どのくらいの人がアクセスしてくれるのでしょうか。

こんなデータがあります。

検索順位クリック率
1位28.5%
2位15.7%
3位11.0%
4位8.0%
5位7.2%
6位5.1%
7位4.0%
8位3.2%
9位2.8%
10位2.5%
2ページ目1.0%以下
【2020年版】検索順位別クリック率(CTR)と年代別推移まとめ|SEOラボ (seolaboratory.jp)

1位は28.5%の確率でクリックされるのですが、2位になると半減。4位以下は10%を割り、2ページ目はもうほとんど閲覧されません。上位に検索されるようにしなければ効果は薄いのです。

メンバー募集専用のサイトの存在

スポーツやろうよ
スポーツメンバー募集サイト|スポーツやろうよ! (net-menber.com)

こちらは、サークルメンバー募集掲示板で最もシェアの高い『スポーツやろうよ!』さんのページです。

『地名』+『バドミントン』+『サークル』の検索ワードでは、だいたい『スポーツやろうよ!』さんが上位にランクされます。

筆者のサークルの実績

筆者のサークルでは、『自身のホームページ』と『スポーツやろうよ!』の両方でメンバーを募集することがありました。

その時の筆者のホームページは、『地名』+『バドミントン』+『サークル』の検索で1ページ目には入っていました。

さて、どちらからお問い合わせが来たかと言うと、

お問い合わせ率
ぺつこ

ホームページからも結構来とるやん?

としかず

そう思うよね!でもね、
スポーツやろうよ!にはホームページのリンクが張れるんだ!

つまり、ホームページから問い合わせをしてくれた人の中には、『スポーツやろうよ!』を経由してきてくれた人が含まれるのです。しかし逆はありません。

メンバーをたくさん集めたい場合、検索順位が超上位でない限り、集まる人数は、

スポーツやろうよ!>ホームページとなります。

SNSの普及

2021年現在は、Google検索が主流ですが、徐々にInstagram/Twitter/Facebook/LINEなどのSNSを利用したメンバー募集も増えてきています。

※SNSはSocial Networking Serviceの略です。

そもそも、双方向のやり取りが容易なSNSは、メンバー募集に適した性能を有していますので、社会性が追い付けば(つまり利用する人が増えれば)SNSによるメンバー募集が主流になってもおかしくないでしょう。

ホームページを作る真の目的

メンバー募集をするだけであれば、ほとんどの場合、専用のサイトの方が良いです。

それではなぜホームページを作成するのでしょうか?

サークルの内容を正確に伝えることができる。

メンバー募集専用のサイトの場合、一覧性を上げるため、ほとんどの場合、1ページにサークルの活動内容を納めなければなりません。さらにテキストに装飾などができず、大切な内容を強調するには工夫が必要です。

一方で、ホームページを作成すれば、表現は自由です。大切な内容を強調でき、細かいルールも掲載可能です。また画像・動画の掲載にも自由度があります。

そのサークルに合った人に参加してもらえる可能性が上がります。

信頼性が上がる≒ブランディング

残念なことに、メンバー募集専用のサイトでは

  • 実態のないサークル
  • 勧誘行為のあるサークル

などが紛れています。

一方で、手間が掛かっているホームページを作成することで、しっかりとしている印象を受けたという意見をよく聞きます。

定期的な更新履歴が残らないメンバー募集専用サイトと違い、ホームページは更新履歴を残すことで、信頼性をあげることができるでしょう。

これはサークルだけでなく、特に年少向けのクラブにも言えることで、親御様の信頼を得るためには、ホームページを活用することも1つの案でしょう。

先に説明したSNSでのメンバー募集が主流になり、そこでサークルを紹介するときにも、ホームページの有無で、信頼性は異なってくるでしょう。

これらのことからホームページには、きちんと作成することで、閲覧者に自分のサークルやクラブの印象を向上させる力が生まれるのです。

つまり、きちんとHPを作ることは、バドミントンサークルのブランド力の向上=ブランディングと言えます。

皆さんもブランド力が高いものは、何となく選びたくなりますよね。

ホームページのデメリット

ズバリ手間です。

放置すると逆に信頼性が下がる。

更新をしていないと、管理が行き届いていない印象を与えたり

最悪は活動をしていないと判断されてしまいます。

メンバー募集を主目的にするとSEOの知識が必要

SEOは『Search Engine Optimization』の略語で、日本語訳では『検索エンジン最適化』です。

つまり、検索上位に入るためのテクニックと言い換えられます。

これはキーワードを詰め込むなど、単純なものではなく、多少知識が必要であり、正解は1通りではありません。

さらに数ヵ月単位の時間が掛かります。

※キーワードを不自然に詰め込むとペナルティとなる場合もあります。

どんな人がホームページを作るべきか

まとめ

ホームページには

  1. メンバー募集
  2. 活動内容を正確に伝える
  3. 信頼性を上げる

という3つの効果があり、『手間や時間が掛かる』『は他にも手段がある』のがデメリットです。

逆に言うと、❷❸がもう十分だよ!もう要らないよ!という人は、ホームページを作る必要はありません。

❷❸現状で不十分だけど他の手段が思いつかない人は、

ホームページを作った方が良い人です。

その場合、筆者が考えるベターな案は、

出来るだけ手間の掛からないホームページを作成し、メンバー募集は専用のサイトやSNSで行う。

となります。時代に合った柔軟な対応ができます。

メンバー募集の強化としては?

いろいろなサークルのHPを見ていると、

メンバーを集める力が、『スポーツやろうよ!』などのメンバー募集サイトよりも

強くない場合がほとんど。

ですが、

Googleの検索の結果が『スポーツやろうよ!』と同じか、それよりも上に来る場合は、別です。

このホームページが作れた場合には、非常にメンバーが集まりやすい環境が作れます。

ぺつこ

できるんかな?

としかず

無知だった僕ができたので、皆さんも出来ると思いますよ。

を『スポーツやろうよ!』などのメンバー募集サイトよりも強くしたい場合も

ホームページを作った方が良い人です。

作り方は引き続き、バドつくを読んでいてくださいね!

ホームページは必要か??

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

触れる目次
閉じる