メンバーの履くシューズに気を配りましょう【バドミントン活動における注意点】

この記事について

バドミントンは体育館競技なので、体育館を借りて活動をするサークル・クラブがほとんどだと思います。

この記事では体育館を利用する際のマナーとして、サークル・クラブの運営者は必ず把握しておきたい『シューズの種類について』説明します。

目次

チームの運営者が必ず把握しておきたいこと

体育館用シューズかそれ以外か

運営者はバドミントンの活動参加者が、きちんと体育館用のシューズを持参しているか、履いているかを確認しましょう。

バドミントン用シューズかどうかではありません。バスケット用でもバレー用でもフットサル用でも構いません。

体育館用シューズ以外を履くとどうなるのか

ズバリ、体育館が汚れます。

シューズの多くは底面がラバーで出来ており、止まるという動作をしっかりと行ったり、クッション性を持たせて足への負担を軽減したりしています。

しかし、バドミントンのような急なステップや止まる動作があるスポーツを行うと、そのラバーが体育館のフローリングに付着してしまいます。

この付着汚れのことを『ヒールマーク』と言います。

ヒールマークはフローリング付着したばかりのときはは比較的落としやすい状態ですが、時間が経つにつれて落としにくくなります。

そのため、ヒールマークを除去するための専門の業者が存在するくらいです。

体育館用のシューズは「ヒールマーク」が床に付着しにくい対策がなされています。

従って、体育館用のシューズであることが大切なのです。

厳しいチェックが入る体育館もある

筆者は、京浜エリアの公共体育館の管理側から確認が入った経験が2回あります。

その1つは、活動後に汚れを体育館の管理者と一緒にフロアを見渡し、

ヒールマークがあれば、バケツに水を入れ、雑巾で落ちるまで拭きました。

体育館もヒールマークの除去にコストを掛ける訳にはいかないのです。

バケツに水を入れる画像

体育館用シューズの見分け方

体育館用シューズの見分け方は大きく2つあります。

1.シューズの底のラバーが「飴色」であるか

2010年代までは下の写真のように飴色のラバーを採用して、ヒールマーク対策をしているシューズがほとんどでした。

シューズの底を見て飴色であるれば、体育館用シューズでほぼ間違いないでしょう。

2.シューズの底のラバーに「NON-MARKING」の表記があるか。

現在は、技術の進歩により飴色でないラバーソールの体育館シューズが数多く販売されるようになりました。

例えば、YONEX、MIZUNOのシューズの裏側には下の写真のように「NON-MARKING.」の表記があるので、『マーキングされない=体育館シューズ』であることを確認できます。

YONEXのバドミントンシューズ
YONEXのバドミントンシューズ
NON-MARKING.
NON-MARKING.

例外もあります。

バスケットシューズを販売しているNikeなどは、多くは「NON-MARKING.」の表記がありますが、

表記がなく、WEB上ではNON-MARKING.対応とされているものも確認できています。

1.2.の両方該当しなくても、WEBで確認すれば、体育館シューズである場合もあるので注意しましょう。

チームの運営者がチームメイトにするべきこと

事前に伝えておく

活動当日に確認をして、もし体育館シューズでないことが分かったら、そのメンバーは活動ができません。

バドミントン活動の前にアナウンスする必要があります。

いつ伝えるべきか

メンバー募集を掛けて参加が決まったとき

一番最初に活動に参加する際に、注意点として伝えておけば、その後トラブルになることも少ないでしょう。

ホームページなどで掲載する

参加を申し込みする際には、もうシューズを揃えてしまっているかもしれません。

その前に知らせるためには、募集しているページに掲載してしまうのも手でしょう。

筆者のサークルでは、以下のように掲載しています。

まとめ

ヒールマークはまだまだ認知が低く、体育館の管理者を悩ませています。

バドミントンクラブ・サークルの運営者の方は、必ず認識をして、体育館が汚れるのを防ぎましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

バドミントンは社会人になってから始めました。
ほとんど知識がない状態からサークルを作った経験と、
たくさんのサークルに参加させてもらった経験から、先入観のないフラットな目線での記事執筆を心掛けてます。

コメント

コメントする

目次
閉じる